契約や消費に関する相談をうけ付けている国民生活真ん中には、毎年大量のユーズドカーがらみの相談が寄せられています。
近年はとくに売却(買取)絡みの電話が多く、全体に占める割合も増えています。
例えば一括鑑定サービスを使ったところ、電話勧誘が鳴り止まない、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。
泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみる事がまず第一です。
お持ちの愛車をディーラーで下取りというのも一つの選択肢です。
自家用車を買う時利用する販売会社で今乗っている車を下取りすることで、別のディーラーより高プライスで引取してもらうことが実現されるかも知れないです。
それに、必要な手つづきも負担が少なくなります。
少しでも高い見積り額を訪問査定に来たマイカー業者から得るためにはそれなりの努力が必要です。
営業マンの目的といったら契約にほおもったよりませんので、提示金額次第ではここで契約してもいいという雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。
営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、その後の補修や清掃といった販売前のスケジュールがはっきりするので、こちらからの価格上乗せ交渉が成功する確率が高まります。
ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後に各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。
確実な買取額は実物の状態次第で決まるので、訪問鑑定に来たいという内容ばかりです。
状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる担当者もいるみたいですから、目に余る場合は別の会社と契約してしまったと答えるのが効くみたいです。
もしくは、電話連絡なしの設定が選べるサイトに絞って依頼するのも手です。


コメント
コメントする